ごあいさつ

株式会社 日工テクノは、金属繊維及びその関連製品の製造を主たる業務としております。
金属繊維はその特徴である高耐熱性、高耐食性により、幅広く産業の上流から下流まで使用されております。当社の金属繊維製造法は日本工業大学で開発された画期的な製造法であり、多材種、小ロット生産が可能な新技術であります。

当社は、お客様のパートナーとして、この金属繊維を不織布、多孔質焼結品、樹脂との複合材等、ニーズと環境社会に適した様々な製品としてご提案してまいります。
株式会社 日工テクノは当初、ベキニット株式会社として日本工業大学とベルギーを拠点とする世界的金属ワイヤーメーカーであるベカルト社との産学連携により設立された会社です。大学と世界的企業とがそれぞれの知識と技術をもって連携し、新たな製品を送りだす、日本では珍しい外国企業との産学連携の企業形態です。

この度、社名を株式会社 日工テクノと変更し、大学の持つ優れた研究開発力と高い感性に基づくモノづくり技術能力を応用し、さらにきめ細かくお客様のご要望に合わせた製品を提供してまいります。金属繊維を用いた新製品・新技術開発に関しまして、何なりとお問い合わせいただきたくお願い申し上げます。

株式会社 日工テクノ
代表取締役  柳澤 章

会社概要

社名
株式会社 日工テクノ (NIKKO TECHNO, Ltd.)
設立
1997年5月
本社
東京都千代田区神田神保町2-5
事業所(営業部・工場)
〒345-0826 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
TEL.0480-36-1431 FAX.0480-33-5831
役員
柳澤 章(代表取締役)
内山 脩(取締役)
徳川 喜壽(取締役)
佐藤 建夫(監査役)
資本金
9,000万円
業務案内
金属繊維製品(ステンレス、銅、チタン、アルミニウム、その他各種合金等)の開発、製造

社章由来

上部はお客様を表し、下部は当社を表す

モノづくりによりニーズにあった製品提供を行い、お客様を支え、お客様のより良いパートナーを目指すことを表しています。

上部は日本工業大学を表し、下部は当社を表す

産学連携の象徴を表しています。

上部は従業員を表し、下部はそれを支える会社組織を表す

会社組織が一丸となり各自の役割を遂行し、持続的成長に向けて邁進する意が込められています。

社内外の皆様の協力の姿を表す

上下が一体となり、一人ではなく、共に力を合わせるという共同・協力作業を意味し、社内外の協力の姿を表現しています。

日本工業大学及びべカルト社について

Image 5

日本工業大学

1907年(明治40年)に創立された「東京工科学校」を前身とし、1967年(昭和42年)に誕生しました。 同大学は「実工学」の理念のもと、実践的技術者の養成を特色とする大学として、機械工学科、ものづくり環境学科、創造システム工学科、電気電子工学科、情報工学科、建築学科、生活環境デザイン学科の7学科からなる工学部と5専攻の大学院工学研究科修士課程および博士課程が設置され、これまで日本の産業界に数多くの優秀なエンジニアを送り出してきました。 埼玉県南埼玉郡宮代町に25.3万m2の広大なキャンパスを有し、充実した研究設備と多彩な教授陣のもとで、4千名を超える学生が学んでいます。

Image 6

ベカルト社

1880年に設立されたベルギーに本拠を置く世界最大の独立系スチールワイヤーの製造会社であり、ヨーロッパ屈指の伝統を誇る企業であると共に、近年は金属加工技術と表面処理技術という2つの強みを生かし、世界的な企業へと成長を続けています。現在、全世界連結での従業員数は2万 人、世界120ヶ国以上に営業拠点を持ち、100ケ所以上の製造拠点から世界中に製品を供給しています。また、同社の金属繊維事業部門は世界一の地位を保っています。